いつの間にか家の中や庭などに入り込む、ヤスデ。

困りますよね。

何か対策はないものでしょうか?

卵や幼虫があった場合は、どんな対処をしたらいいのでしょう?

今回は、ヤスデの卵や幼虫の駆除方法を調べてみました。

ヤスデの卵と幼虫の駆除は?

ヤスデ 卵 幼虫 駆除

実際にヤスデの卵と幼虫を見たことがあるという人は少ないかもしれませんが、放置をしてしまうとヤスデが大量発生してしまうかもしれません。

また、ヤスデの卵と幼虫はどこにいるのでしょうか?

ヤスデは土に含まれる腐葉土や堆肥を食べ、土の中に卵を生む性質があります。

実は市販の観葉植物の専用土の中には腐葉土やバーク堆肥が配合されているものがあるため、まれにヤスデの卵が植え付けられている土が入ってしてしまうことがあるようです。

観葉植物用の土に卵があると、観葉植物を育てている間に孵化してしまう様です。

また、また土の中に卵がなくても、外に観葉植物を置いておくとプランターの底の穴からヤスデが入り込むこともあるので、駆除をする必要があるのです。

スポンサードリンク

退治する方法は?

ヤスデが観葉植物に発生すると良いこともあり、森や林の土壌に生息するヤスデは、自然界では腐った植物を分解する「分解者」の役割を担っています。

落ち葉を食べた後に排出される糞はとても栄養価が高いため、樹木の生長に良い効果を与えているのです。

しかし、あの見た目ですからできれば退治したいものですよね。

ヤスデの卵と幼虫の駆除は農薬散布で駆除をすることができるようです。

また、殺虫剤を使用する方が効果が高いのですが、殺虫剤の強い薬剤や冷却効果によって観葉植物の葉が枯れてしまうことがあるため、観葉植物の生長に影響を与えないためにも、殺虫剤よりも農薬を使用するのがおすすめとなっているのです。

また、観葉植物がない場合は、アロマスプレーでも代用をすることができるのです。

まとめ

ヤスデの卵と幼虫を見たことがあるという人は少ないのですが、駆除方法を知っておくと見つけた時に冷静に対処をすることができますね。

スポンサードリンク