ヤスデが発生してしまった場合、どうしたらいいのでしょうか?

どんな対策をして、どの様に駆除したらいいのでしょう。

そもそもヤスデは悪者なのでしょうか?

今回は、ヤスデの土との関係性と駆除の方法などを調べてみました。

ヤスデと土。駆除と方法は?

ヤスデ 土 駆除 方法

ヤスデやゲジゲジなど歩行性害虫のほとんどは土壌環境で生息していて、時に人家周辺の土壌で大発生したり、建物内に侵入して問題となっています。

ヤスデの場合は観葉植物に発生してしまう事もあるので、注意をしなければいけません。

ヤスデも基本的に屋外に生息する虫ですが、室内で育てている観葉植物に大量発生することがあるのです。

ヤスデは土に含まれる腐葉土や堆肥を食べ、土の中に卵を生む性質があるのですが、実は市販の観葉植物の専用土の中には腐葉土やバーク堆肥が配合されているものがあるため、まれにヤスデの卵が植え付けられている土が入ってしてしまうことがあるのです。

その為、観葉植物用の土に卵があると、観葉植物を育てている間に孵化してしまうのですが、農薬散布で簡単に駆除をすることができるようです。

しかし注意をしなければいけないのは、殺虫剤の強い薬剤や冷却効果によって観葉植物の葉が枯れてしまうことがあるため、観葉植物の生長に影響を与えないためにも、殺虫剤よりも農薬を使用するのがおすすめなのです。

スポンサードリンク

メリットもあるのです!

ヤスデが観葉植物に発生すると良いこともあるのです。

森や林の土壌に生息するヤスデは、自然界では腐った植物を分解する「分解者」の役割を担っているのです。

また落ち葉を食べた後に排出される糞はとても栄養価が高く、樹木の生長に良い効果を与えているため、ヤスデが観葉植物にいることによるメリットもあるのです。

まとめ

ヤスデがいるとメリットもあることがお分かりいただけたでしょうか。

ヤスデを駆除することは難しいことではないのですが、卵が孵化してしまうと大量発生してしまうおそれもあるのですね。

スポンサードリンク