ヤスデの種類はどれぐらいあるのでしょうか?

日本にいるヤスデの種類は、いくつくらいなのでしょうか?

調べてみました。

ヤスデの種類とは?

 

ヤスデ 種類 日本

ヤスデの種類と聞いて思い浮かべる事が出来るという人はあまり多くはいないかと思いますが、日本には200種以上のヤスデが存在しているのです。

このうち、都市近郊で大発生するヤスデはヤケヤスデという種類です。

ヤケヤスデは世界共通種で、日本全土に分布しているので、一度はこのヤケヤスデを見たことがあるという人もとても多いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

ヤスデの下位分類は?

ヤスデの下位分類はとても多く、

  • フサヤスデ目(Polyxenida)
  • ナメクジヤスデ目(Glomeridesmida)
  • タマヤスデ目(Glomerida)
  • ネッタイタマヤスデ目(Sphaerotherida)
  • ネッタイツムギヤスデ目(Stemmiulida)
  • ツムギヤスデ目(hordeumatida)
  • スジムツジヤスデ目(Callipodida)
  • ジヤスデ目(Polyzoniida)
  • ヒラタヤスデ目(Platydesmida)
  • オビヤスデ目(Polydesmida)
  • ギボシヤスデ目(Siphonophorida)
  • ヒメヤスデ目(Julida)
  • クダヤスデ目(Siphoniulida)
  • フトマルヤスデ目(Spirobolida)
  • ヒキツリヤスデ目(Spirostrepsida)

が挙げられます。

見た目も多少異なるので、一つ一つ見ていくのも面白いかもしれません。

まとめ

ヤスデの種類がとても多くいるということは分かったかと思いますが、一般的に多く見られるのがヤケヤスデだそうですね。

ヤスデの種類は日本には200種以上のヤスデが存在しているようですが、ヤスデには毒がないので万が一ヤスデを触ってしまっても大丈夫です。

しかしヤスデの臭いはとても強烈で、臭腺から出される分泌物に毒物が含まれ、皮膚障害を引き起こす種類もあるので、注意が必要です。

スポンサードリンク