ヤスデとムカデは、とても似ていますよね。

同じ生き物なのでしょうか?

ヤスデとムカデの幼虫は、違いがあるのでしょうか?

知らない人も多いと思いますので、調べてみました。

ヤスデとムカデの幼虫の違いは?

ヤスデ ムカデ 幼虫 違い

ヤスデとムカデは成虫でも似ているのだから、区別をすることは難しそうですよね。

ヤスデとムカデの幼虫は、見分けることができるのでしょうか?

調べてみると、ヤスデとムカデの幼虫の違いは毒だそうです。

実際に幼虫の段階で見分けることは難しく、顕微鏡で見なければわからない程みたいです。

ヤスデはダンゴムシを長くしたような見た目で、形を見ることで判断をすることができるようにはなっているもの、見分けるのは難しいです。

スポンサードリンク

駆除方法は?

実際にゲジゲジ、ヤスデ、ダンゴムシ、ワラジムシはそれぞれ節足動物門のムカデ綱、ヤスデ綱、ワラジムシ綱に属する動物の総称なのですが、駆除方法といえば薬品散布が思い浮かぶのではないでしょうか。

必要以上に薬剤を使うことは自然環境で考えても、人体にもわずかながら害があるのであまりオススメすることができないのです。

ホウ酸団子でも駆除をすることができるので、出来る限り人間に害がない方法がオススメです。

今年も#ホウ酸団子 お天気いいので乾燥中。

Komoda Norikoさん(@konori2007)がシェアした投稿 –

まとめ

ヤスデとムカデの幼虫を見分けるのはとても難しくて、顕微鏡でしっかりと確認しなければわからないほどだそうです。

ヤスデもムカデも発生しないように、常日頃から注意が必要ですね。

風通しを良くする、物を置きっ放しにしない、清潔を心がける様にする対策になるようです。

スポンサードリンク