ムカデとヤスデは、とてもよく似ています。

パッと見では、見分けがつかない方も多いのではないでしょうか。

では、ムカデとヤスデの違いは何でしょうか?

今回は、何を食べるのかということにスポットを当てて調べてみました。

ムカデとヤスデの捕食は?

ムカデ ヤスデ 捕食

ムカデとやすではとてもお互い似ている生き物で、ムカデだと思ったら実はヤスデで、ヤスデだと思ったら実はムカデだったということも多いでしょう。

ヤスデの場合は北海道、本州、四国、九州、南西諸島に生息していてて、場所としては雑木林、落ち葉の下、ゴミステーションなどで多く見られます。

ヤスデの餌ですが、実は肉食系ではないのです。

ヤスデは腐食性で、主に腐った落ち葉や農作物を餌にしているのです。

その他にもキノコ類や朽ち木なども食べるので、生き物を捕食することはないのです。

それに反してムカデの場合は、肉食系です。

そのため、他の昆虫などを捕食しています。

ムカデのあごには毒腺があり、噛まれる痛みと毒の痛みも同時に襲いかかってくるので、多く被害報告が挙げられている様です。

スポンサードリンク

侵入を防ぐ必要がある!

ムカデもヤスデも、わずかなすき間を通って家に侵入してしまうということがあるので対策が必要です。

侵入を防ぐ方法としては

  • 軒先の落ち葉や設置物を整理整頓する
  • 土壌の水はけを良くし、湿度を低く保つ
  • 殺虫剤を家屋周辺や窓に撒く

などがあります。

事前に対策をして、侵入を防ぎましょう。

まとめ

ヤスデは腐食性、ムカデは肉食系だということがわかりました。

ムカデには毒もあるので、注意が必要ですね。

どちらもわずかな隙間から家の中に浸入してしまうので、対策をして侵入を防ぎましょう。

スポンサードリンク