釣り好きの太公望にとっては気になる質問が届きました。

ヤスデは釣り餌として使うことができるかという疑問です。

ヤスデは確かに釣り餌になりそうな体躯をしています。

身近な場所で容易に手に入るヤスデが使えたら便利ですが、さて本当のところはどうなのでしょうか。

釣り餌の代わりになるもの

ヤスデ 釣り 餌

釣り好きな人にとっては、小さな虫や魚などを見ると、これは釣り餌として使えないものかとつい試してみたくなるようです。

例えば釣り餌にオキアミというエビの一種があります。

これは私達が食する桜エビ、干しエビと似ていると思いませんか。

この桜エビを実験的に釣り餌として試してみたところ、オキアミと同じ効果は期待せずとも一応魚を釣ることができるようです。

但し、干した桜エビの場合は一度水で戻す必要があります。

しかしながら釣り餌にするにはやはりコストが掛かりますし、水で戻すのも手間が掛かります。

そう考えるとヤスデは身近な場所で無料で手に入れることができますし、使い方にも手間が掛からず問題がなさそうですが、さてどうなのでしょうか。

スポンサードリンク

ヤスデにある毒液

上の文章を読んで、ヤスデと似たような釣り餌があることに気づいた人も多いでしょう。

海釣りでよく使われる餌にイソメがあります。

このイソメはヤスデと姿形がよく似ています。

また、ゴカイという釣り餌がありますが、これもヤスデとよく似ています。

ということは、ヤスデも同じように釣り餌として使えるのでしょうか。

ヤスデには臭い液を出すという習性があり、潰れたり、踏みつぶされた際に悪臭を放つことが知られています。

ヤスデ自身もこの臭液で命を落とすことがあるくらいですので、釣り餌として使うことはお薦めできません

中には臭液に耐性を持つ魚も存在するかも知れませんが。

ちなみに、ペットして飼われているサンショウウオの好物はヤスデだそうです。

まとめ

ヤスデを釣り餌として使えばコストが掛からず楽ちん、と考える人が多いのは分かりますね。

釣り餌として試してみた人がいるのかいないのかは定かではありませんが、釣り糸を付ける際に臭液が噴出するので、普通の人であればその時点でひるんでしまうでしょう。

ここはおとなしく釣り餌を購入するのが良さそうですね。

スポンサードリンク