みなさんは「馬陸」を読めるでしょうか?

「やすで」と読みます。

やすではご存知ですよね?

ムカデやゲジゲジに似た節足動物です。

あのた目から苦手な人も多いのではないでしょうか?

今回は、なぜやすでは馬陸と表記されるのかが気になったので調べてみました。

馬陸 やすで 意味

 

 

馬陸とは?

やすでを漢字で書くと馬陸という事はわかりましたね。

やすでとは、倍脚網の節脚動物の総称なのです。

やすでは体は細長く、円筒型か扁平でムカデに似ているですが、ひとつの体節ごとに二対の歩脚を持っているのです。

また、毒はないが触ると臭気を発するので、やすでを見かけたら逃げるという人がとても多くいるのです。

そして、やすでの馬陸と漢字になった理由は定かではないのですが、一説では当て字なのではないのかとされているのです。

スポンサードリンク

まとめ

やすでの漢字は馬陸と書くのを初めて知って驚いてしまったという人もいるかと思います。

実際にやすでは馬陸と書くようになるのですが、なぜ馬陸になるのかを詳細の理由というものは明らかになっていないので、研究者でも分からない様です。

また、やすでは毒はないのですが触ると臭気を発するので、やすでと遭遇した場合には潰さない様にそっと駆除しましょう。

スポンサードリンク